今年の大雪

昨年末の長期予報では「雪は平年並み」のはずだった・・・。

だから今年の大雪を誰が想像しただろうか・・・。

1月末の自宅の屋根

今年の大雪

1月末の自宅前の道

今年の大雪

当然、市内の現場も大雪なわけで、玄関にたどり着くまでには腰まである新雪を
かきわけて行かなくてはならない。また、車を停める場所もないので雪を掘って
確保。仕事する前に体力を使い果たす(笑)。

今年の大雪

こういう環境ゆえに、雪国の人間は忍耐力が強化されるのだとつくづく思う。

ところが翌日、長野県松本市に出張したら、そこは別世界でまったく雪がなく
昼飯にガストへ入ったら長靴をはいてる人間は俺だけ。というか、町を歩く
人々のなかで長靴をはいているのは俺だけだった(汗)。
朝、家を出る時に吹雪だったのでそこまで気が回らなかった(不覚)。

しかし、仕事はバッチリやった。完璧な仕上がり。お客様もとても喜んでくれて、
帰りにシュークリームをお土産にくれた。それを帰りの高速の運転中に一つ食べた。
そしたら、シュークリームの皮が喉にはりついて咳がとまらなくなり、涙目で
前がかすんだ状態で10㎞ほど走ってSAに飛び込み、お茶を飲んで命拾いをした。
こういう環境ゆえに雪国の人間は忍耐力が強化されるのだとつくづく思う(違う違う)。

キッチンシンチの再生塗装

キッチンシンチの再生塗装 キッチンシンチの再生塗装